28日で新垣結衣似の女子大生を彼女にする方法

女性経験ゼロ・ブサイク
コミュ障の状態でも

ある「3つの質問」
使うだけで

女性性欲スイッチ
自動的に押される会話術

もし、女性が自らの意思
あなたの元にやってきて

好きになり、逆に口説かれ
メロメロになるとしたら…

まだ誰も知らない非常識な会話術
こっそり教えます!

今、あなたがたとえ

 

「俺の顔と性格じゃ
彼女なんてできないよ…」

 

「いつまでも女性経験がないことで
コンプレックスを抱きたくない…」

 

「周りの友達は
どんどん彼女を作っていくのに
自分だけ一向にできない…」

 

「もしかして、このまま人生独りで
過ごさなきゃならないのか…?」

 

そんな風に感じながら
毎日を過ごしていたとしても。

 

この方法を実践するだけで
あなたと話す女性の態度が
このように変化します!

こんな悩み、
ありませんか?

1つでも当てはまったら
悩みはすべて解決しますので

是非この恋愛レポート
受け取ってください!

女性との良い出会いがない

好きなあの子を自分に振り向かせたい

可愛い黒髪清楚な美女と付き合ってみたい

自分に自信が持てない

周りの友達は彼女がいるのに
 自分にはいないし、できる気配もない…


可愛い彼女を連れて、手を繋ぎながら
 街を歩きたい

女の子
とたくさんデートがしたい

女性と会話が続かない。
 すぐに途切れて沈黙してしまう…

↓今すぐ、ボタンをクリック↓

【受け取り方法】

1.受け取りボタンを押す
2.公式LINE@で簡単な質問に回答
3.確認次第、すぐにお渡しします!

以下、実際にレポートを
受け取った方から頂いた感想です!
↓↓

↑写真まで一緒に送ってくれました!
※掲載許可は頂いています

どの方も、最初は
女性と会話を続けることが苦手で

 

彼女いない歴=年齢

女性と何を話したらいいのか分からない

自分に自信が持てない

女の子と会話が続かない。すぐに沈黙してしまう

周りは男ばかりで出会いがない

女の子にLINEしても既読スルーされる

LINEが全然続かない

 

このような状態でした。

 

しかし!

 

その気になればたった1日で
実践できる、

「女性があなたに夢中になる
3つの質問」

を使っただけで、

 

短期間で次々と彼女を
作ってしまったのです。

で、お前は誰なんだ?

自己紹介が遅れました!
僕はyossyと言います。

 

現在、大学に通いながら
恋愛コーチとしてブログを書いたり
オンラインで恋愛相談をしています。

↑左に写っているのが僕です!

は僕も、つい2年前までは
20歳にして彼女いない歴=年齢
女性との会話が続かない
コミュ障でした

↑高校2年生の時のyossy
壊滅的なファッションセンスで
周りからバカにされまくっていた

女の子と何を話したらいいか分からず、
黙りがちになってしまうのです。

 

自分の顔やファッション、
髪型に自信が持てず

 

話し掛けられても
「あ、うぅん・・・そそそだね・・」
という風にオドオドしてしまい
女の子から苦笑いされる。。。

 

こんな僕に女の子が寄り付くはずもなく
いつも教室の隅から

 

男女仲よく盛り上がっている
リア充グループや

 

キャンパス内で仲良く一緒に
歩いているカップルを

 

「いいなあ・・・」

「俺も彼女作って、仲よく手繋いで
歩いてみたいよ・・・」

 

そんなことを思いながら
羨ましい目で見る事しか
できませんでした。

そんな状態が続いたある日、

 

就職が決まった高校の部活の先輩と
2人で飲みに行く機会がありました。

 

先輩「yossyはさ、彼女できたの?」

 

「できてません・・・」

 

先輩「おいおい、大丈夫かよ。

 

今のうちに彼女の一人か二人ぐらいは
作っておけよ~。

 

社会に出たら出会いなんて
もっと無くなるんだから。

 

気が付いたら30、
40になっても独り身なんて
惨めなことになるぞ。」

社会に出たら
出会いがなくなる…?

僕は気になって、

「社会人 出会い 無くなる」

とGoogle先生の検索窓に打ち込んで
調べてみました。

 

すると、身の毛もよだつ
衝撃のデータが出てきたのです。

※ブライダル総研

これは、未婚男性1407人に
「異性との出会い、ありますか?」
と聞いたアンケートの結果です。

 

半分以上の社会人男性が
「出会いがない」
答えているのです・・・。

 

「出会いがある」と答えた人は
わずか16.6%

 

しかも、
「いいえ」と答えた人の多くが

 

「社会人になったら
出会いがなくなった」

「学生時代の方がまだよかった」

 

と答えたそうなのです。

胃がキリキリと
痛くなりました

僕はこのデータを見たときに
ドロドロとした焦燥感と
危機感に包まれました。

 

「ヤバい、今まで目を背けてきたけど
このままじゃホントに一生独身かも…」

 

本気で焦りました。

 

そこから僕は
本格的に彼女を作るために
動き出したのです。

 

慣れないリア充グループ
近付いてみたり、

 

Twitterで見つけた
学生イベントに参加してみたり

 

ネットで「彼女の作り方」を調べて
女の子の前で実践してみたり。

 

色々なことをしました。

ですが結果は、

 

リア充グループ

結局コミュ障なので
話についていけずにハブられる…

 

学生イベント

ウェイ系のノリについていけず
1時間で「これは無理だ」と悟り
一人寂しく早めに帰る…

 

彼女の作り方

書いてある通りにしても
女の子からいい反応がない。

LINEを交換しても
2、3回やり取りした後
既読無視をされる…

絶望しました

勇気を出して
一歩踏み出したと思ったのに
何も変わらなかった。

 

分かったことは、僕は何をしても
彼女なんか作れないという最悪の結論。

 

誰にも相談できず、
一人で部屋にこもって泣いていました。

 

ですが、そんなある日、

僕の人生を変える
出会いが
訪れます

大学2年の夏休みの事です。

 

僕は田舎の祖父母の家に泊まりに
北海道に来ていました。

 

コンビニでお菓子を買いに行こうと
家の外に出た時、

 

「あれ、yossy君だよね?」

 

ふいに隣の家から
女性の声がしました。

 

見ると、そこには
僕の数少ない女友達である
幼馴染の女の子がいたのです。

 

彼女とは、
お互いの祖父母の家が隣で
小さいころに知り合いました。

 

中学までは夏休みの間
北海道に来た時に
よく遊んでいたのですが

 

それ以降は
お互い予定が合わなくなり
会うことはなくなっていました。

 

そんな彼女との久しぶりの再会に
僕は嬉しさが隠せませんでした。

まともに女子と話せる
貴重なチャンス

家の前のベンチに二人並んで座り
想い出話を交えながら
お互いの近況について話しました。

 

僕にとっては、
女の子とじっくり話せる
貴重な機会です。

 

「あぁ、こんなチャンス
僕にはもう来ないんじゃないか…」

 

ずっと女性との会話が続かず
彼女ができずに悩んでいた僕は
直感的に「ここしかない!」と思い、

 

お互いの恋愛事情にまで
話が発展したのを機に
思い切って

 

「彼女ができない」
「女の子と上手く話せない」

 

という人生最大の悩みを
すべて彼女に打ち明けたのです。

顔が真っ赤に
なりそうでした

「俺さ、女の子と話すのが
壊滅的に下手で、
彼女ができたことないんだ。

 

ここんとこずっとそれで悩んでて
下手したら一生
独身なんじゃないかって。」

 

すると、彼女は僕にこう言いました。

 

「え、そうなの?
でも、私とはこうして普通に
話せてるじゃん」

 

「それは、ほら。
○○と話すのには慣れてるし」

 

「うーん、それって多分
慣れの問題じゃないと思うよ。

そもそも相手の女の子が
会話を続ける気がないとか」

「!???」

 

相手に会話を続ける気がない…?

そんなのいくら頑張ったって
無理ゲーじゃないか!

 

けど、考えてみれば思い当たる節は
いくつもあったのです。

 

その後も詳しく話を聞いていると
今まで考えつきもしなかった

新しい発見が
いくつもありました。

今まで男目線で、
自分のことしか見えてなかったんだと
その時気づかされました。

 

彼女いわく、
今まで僕が女の子との会話を
続けられなかったのは

 

僕が会話下手だからでも
面白いことが言えないからでも
まして頭が悪いからでもなく

 

そもそも相手の女の子に
会話を続ける気がなかったから

大切なのは、
いかに女の子に
「この人と話したい」
思わせられるかどうか。

 

つまり、話しかける以前
ある程度勝負は
決まってしまっていたのです。

 

とは言っても、じゃあ具体的に
どうすればいいのか?

 

彼女はその後も
僕の悩みに一緒に向き合ってくれ、

 

女性目線でたくさんその解決策を
教えてくれました。

 

すると、そのアドバイスを聞いて
行動しているうち、

明らかに周りの女の子の反応が
変わっていったのです

話しかけると、
めちゃくちゃ笑顔で答えてくれる。

 

相手の反応が良いので
話が自然と盛り上がる。

 

女の子の方から
こちらに近づいてきて
話しかけてくれる。

変わっていく
女の子の反応を見るのが
楽しくて仕方ありませんでした。

 

そして勢いに乗った僕はなんと!

 

たったの28日
バイト先で知り合った
新垣結衣似の黒髪美人な女子大生を

彼女にしてしまったのです!

その結果、
 
 
きれいな秋色に色づき始めた
紅葉を見に行く

夜のディズニーで彼女と手を繋いで
夜景を見ながらキスする

横浜の街を二人手を繋いで歩く

ゴールデンウィークを使って
長崎へ旅行に行く

こんな楽しくて仕方ない
充実した生活を
送れるようになったのです!

 

そこからどんどん自分なりに
女性との接し方や、返信率が高くなる
LINEメッセージの送り方など
試行錯誤を繰り返し、

 

とことん実践向けの
恋愛攻略法
生み出すことになったのです。

そんな”彼女いない歴=年齢”に
サヨナラをして1か月が過ぎたころ、

 

高校時代僕のことを
「彼女できないやつ筆頭」呼ばわり
していた友人Sから
相談を持ち掛けられました。

 

Sは、大学に入ってから
一度も彼女ができずに
悩んでいたのです。

 

僕はちょうどいい機会だと思い、
このれない攻略法を教えて
試してもらうことにしました。

 

するとなんと!

 

Sはたったの21日
1か月もたたないうちに
彼女を作ってしまいました。

 

よほど嬉しかったのか
告白の後すぐに僕に電話を
かけてきてくれました(笑)

 

「ヨッシー!!
彼女からOKもらえた!!」

 

ちなみにSは今でも
その子と付き合っていて

 

長期休みのたびに彼女と二人で
北海道へ行ったり、京都旅行に
行ったりしています。

↑顔を隠すことで
掲載許可を頂いています

それを見て僕は思いました。

 

「この限りなく実用的で
すぐに結果が出る
恋愛攻略法があれば、

自分と同じ悩みを抱えている
もっとたくさんの人を
助けられるんじゃないか」

 

そう考え、今回この
「女性から好かれる会話術」
作成するに至ったのです。

 

これを読むことによって、
僕の真似をして行動すれば
女の子との出会いが急激に増え、

 

毎週末には
デートに行くことが出来る。

 

今までの不安なんて消し飛び、
初めての彼女ができる。

 

彼女と買い物に行き、
彼女がいい子過ぎて
友達に驚かれ羨ましがられる。

 

男友達には
女の子を紹介してほしいと
懇願されるようになる

 

ライン友達の女の子は
30日もあれば20人以上増える

 

あなただけの
可愛い彼女の寝顔を見れる

そんなPDFを
毎月限定30名様だけに
お届けしようと思います。

 

今月はもうすでに
23名の方が受け取っております。

 

※30人という制限は
僕が直接サポートできる
最大限の人数です。

 

最短1か月で黒髪清楚系美人な
可愛い彼女を作り、

 

2人で手を繋いでデートをしたり

夜に熱く激しいセックスをしたり

彼女の家でイチャイチャしたり

 

そんな理想を叶えたい方は
是非、手に入れてください!

なぜ無料なのか?

疑問に思われた方も
いるかと思います。

 

「怪しい…」

「何か裏があるんじゃないか?」

「無料のモノで意味があるのか??」

 

僕もそう思います(笑)

 

けど、僕に変わるきっかけをくれた
幼馴染の子は、決して見返りを求めず
僕に本気でアドバイスをくれ

 

いろんなものを伝授してくれました。

 

それに、僕が教えたことがきっかけで
行動してくれる人が増えれば、

 

それだけ、多くの経験値や体験談が
僕のところに集まってきます。

 

そのたくさんの体験談は、
僕一人で集めようとすると
途方もない時間がかかってしまうんです。

 

ですが、このレポートを読んだ
あなたが実際に行動して、
女の子に効果があるかを試してくれれば、

 

それだけ、
「もっとモテる男になるためのデータ」
が早く集まるんです。

 

そのために、僕はこのプレゼントを
無料で公開することに決めました。

 

なのであなたも、
このプレゼントを受け取ったら

 

必ず、読むだけで終わらせずに
行動して、実践してみてください。

 

そして、あなたに彼女ができたり
何か上手くいかなかったことがあれば
是非、僕にご相談をしてほしいです。

 

それが、あなたのためにもなり、
僕の望みでもあるんです。

もう、彼女と楽しそうにデートしたり
休日を満喫している友達を見て

 

「ああ、俺も彼女がほしいよ…」

って虚しい気持ちになるの、
終わりにしましょうよ。

それでは、恋愛レポートの中で
お会いできることを
楽しみにしています!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました(^^)

Copyright© モテLINE研究所 , 2019 All Rights Reserved.